八番館画廊



中川一政


準備中

[略歴]




武田史子


銅版画

女性らしい視点の優しさを感じる版画です。
武田史子先生の銅版画は、物語性のある風景画や、水墨画を思わせるような静物画など、女性らしい細やかな観察と優しさで定評があります。

[略歴]
東京芸術大学美術学部卒業、同大学院美術研究科卒業。
ペルー美術賞展入選、第12回現代版画コンクール入選、他受賞多数。

作品リスト



望月通陽


準備中

[略歴]




小泉淳作


準備中

[略歴]

作品リスト



神下雄吉


シルクスクリーン

神下雄吉は64年に渡仏してサロンドートンヌの会員として活躍。
日本でも数多くの個展を開催し好評を博していますが、
数年前に帰国して、現在は小豆島在住。




坪内好子

坪内好子
銅版画、手彩

1966年生まれ。東京の女子美術大学版画科卒業。受賞多数、東京、大阪で個展。
その版画は、純金箔を押した上に銅板画を刷っていく技法で、
銅板の墨色と金箔が見事にマッチしています。
テーマは「帆船」や「気球」「おもちゃ」「風景」などで、彩色部分は手彩色です

作品リスト



小浦昇


銅版画

小浦 昇先生の銅版画のテクニックは日本の作家の中でも特に優れ、数多くの受賞や
出版物などがあります。

現在、多摩美術大学 非常勤講師

作品リスト
作家公式HP



朝日みお


準備中

[略歴]




舟山一男


準備中

[略歴]




古賀章


準備中

[略歴]




白駒一樹


準備中

[略歴]




杉浦眞


準備中

[略歴]




十時孝好


準備中

[略歴]

作品リスト



柴田香代子

朝の風に
日本画 銅版画

窓辺を背景にした彼女の絵は、光と透明感にあふれ常に
心地よいそよ風が吹いているようだ。絵の中にあるアンティークな
小物や一見アンバランスに見える構成も彼女の卓越した
テクニックによって現代的な感覚を表出させている。

作品リスト



渡辺美香子


準備中

[略歴]

作品リスト



中村彰浩


水彩画

大阪の工芸高校の図案科を卒業した中村彰宏は、その後の海外留学を経て、
現在は北海道の大自然の中で、作家活動をしています。
水彩画の持つ、瑞々しさを生かして優しい色合いと、
どこかユーモアが漂うその作品は、個展のたびに多くの人を魅了し、
若手人気作家として急上昇してきました。

作品リスト 2008年
作品リスト 2009年
作品リスト 2010年
作家公式HP

八番館画廊